あなたは大丈夫?他人事ではない”相続”

どんな専門家でもひとりで対応するのは難しい

相続税の申告は税理士、不動産の鑑定には不動産鑑定士、相続人同士で揉め事が起きれば弁護士、遺産分割協議書作成は行政書士、不動産の名義変更は司法書士など相続における様々な場面で色々な専門家が必要です。

だれに相談したら良いのか分からない。

では、誰に相続相談をするのが良いのでしょうか? それぞれのポイントごとに一番適した専門家に相談するのが理想です。 しかし、それでは各専門家に個別に相談しなければいけませんので、専門家同士の連携が取れにくく、相続が円滑にいかない可能性も高まります。

専門家のまとめ役が必要です

そこで、全体をまとめる調整役となる立場が必要となります。sublime不動産販売は不動産売買の専門家で仕事柄、税理士をはじめ各専門家とのつながりも深く、いつもお客様に対して難しいことを分かりくお話することを心がけていますので、まとめ役には適任だと思います。

“不動産相続の手続き・税金対策・財産分与のご相談は当社にお任せください!”

@不動産のプロである

不動産の知識に長けていれば、相続税の納税のために単に売却するだけではなく、有効活用を検討するなど、ご希望や状況を考慮し依頼人の将来も考えて円滑な相続をご提案できます。土地は売却するよりも、マンション経営や駐車場などにして活用したほうが節税になる場合もあります。何度もいいますが、相続財産の60%以上は不動産です、不動産に詳しい専門家は必要不可欠なのです。

A節税には不動産の正しい評価が必要

相続税の算出において不動産は基本的に路線価で評価しますが、簡単に評価できない不動産も多く存在します。正しく評価されないために多額の相続税を支払ったり、相続税が払えないということも起こり得ます。評価の仕方によって最終的に納税額が異なることも現実にあるのです。こんなことにならないためにも、正しく評価できる専門家が必要です。

全8回 途中からでもご参加頂けます!お気軽にご連絡下さい!

Copyright © sublimehome.co.jp All rights reserved.